トピックス

  1. トップページ
  2. トピックス
  3. ブラックホールの能力の秘密

新商品ラインナップ

カタログダウンロード

商品一覧

商品一覧から探す

トピックス一覧

ブラックホールの能力の秘密

ブラックホールは活性炭の表面構造が違います。

基本的に、活性炭表面には多くの穴(細孔)が開いていて、この穴に様々な物質がはまり込むことにより吸着が起こります。活性炭の性能はこの穴の数や大きさで決まってきます。

市販されている活性炭と「ブラックホール」の表面形状を比較してみました。(倍率 100倍)

  • 一般的な活性炭

    大きな穴が少なく大きい分子を吸着できません

    一般的な活性炭は表面が滑らかで、均等なサイズの穴しか開いていません。これではすぐに目詰まりが起きやすく、同じサイズの物質しか吸着できません。特に大きな分子を吸着する事は苦手です

  • ブラックホール

    巨大な穴の中に小さな穴がある複雑な構造

    一方、ブラックホールは、大きな穴の中にさらに小さな穴が開いている複雑な構造になっている事がわかります。このため、大きな分子から小さな分子まで幅広い大きさの物質を吸着できます。

流木の黄ばみは比較的大きな分子ですが、ブラックホールの穴は、黄ばみも効果的に吸着する事が出来ます。さらに大量に開いた小さな穴は内部で繋がっており、目詰まりしにくく、より多くの物質を吸着できます。

このため、様々な大きさの物質をより多く吸着することができるのです。このことは、実際の商品が他の活性炭に比較して、かなり軽い(低比重である)ことからもわかります。