メダカ・川魚用飼料(餌・エサ)

  1. トップページ
  2. 商品情報
  3. メダカ・川魚用飼料(餌・エサ)
  4. メダカの飼い方 メダカの飼育方法

新商品ラインナップ

カタログダウンロード

商品一覧

商品一覧から探す

メダカの飼育方法
メダカの飼い方、飼育方法/飼料(餌・エサ)の与え方、選び方
メダカの飼い方 はじめて川魚を飼うのに必要なこと、水槽の設置の仕方、飼料(餌・エサ)の種類など。役立つ情報をまとめました。
  1. メダカ(めだか)のことをよく知ろう
  2. メダカ(めだか)の飼育にチャレンジしよう
  3. メダカ(めだか)の繁殖(ふやす)について
  4. メダカ(めだか)の飼育用品を選ぼう
  5. メダカ(めだか)のエサについて
メダカ(めだか)のことをよく知ろう

1. メダカの一生

メダカはふつう1~2年ほどしか生きられません。1年はおよそ右のとおりです。

4月ごろからたまごを産みはじめます。 活発に泳いで、たくさんエサを食べます。
たまごを産まなくなります。 あまり動かないのでエサを控え、暖かい場所で飼いましょう。

2. メダカのオス・メスのみわけかた

オスは「背びれが大きく下側に切れこみがはいっている。しりびれが大きい。」メスは「背びれが小さくオスのような切れこみはない。オスと比べてお腹は丸みがある。しりびれが小さい。」


3. メダカの種類

メダカといってもその種類は豊富で100種類以上のなかまがいます。ここではペットショップやホームセンターなどで購入できる一般的なメダカを紹介します。

  • 黒メダカ

    黒メダカ
    童謡“めだかの学校”の主人公でもある、もっとも一般的なメダカ。北海道をのぞく日本各地の川や池にいます。

  • ヒメダカ

    ヒメダカ
    ペットショップなどではおなじみのメダカ。品種改良されて生まれた、黄色~オレンジ色の体色がかわいい。

  • 青メダカ

    青メダカ
    黒メダカよりすこし青い体色をしているメダカ。外見は黒メダカとほぼおなじ。

  • アルビノメダカ

    アルビノメダカ
    透きとおる白い体色に赤い目の美しいメダカ。ほかのメダカより飼育がむずかしい。

  • 光メダカ

    光メダカ
    大きな背びれと尻びれ、菱形の尾びれが特徴。つやのある銀色の背中から、この名前がつきました。

  • 白メダカ

    白メダカ
    名前のとおり白い体色が人気のメダカ。アルビノメダカとちがい、目が黒くてとても丈夫。

メダカ(めだか)の飼育にチャレンジしよう

1. メダカを飼育する水槽を準備をする

  1. お米をとぐように砂利をよく洗い、水槽など飼育容器の底にしきましょう。(洗わない砂「ソイル」も市販されています)

    砂利をよく洗い、水槽など飼育容器の底にしこう。
  2. 水道水には消毒のため塩素が入っていて、メダカにはとても有害です。液体カルキ抜きビタミンカルキぬきで塩素を中和してから水槽にいれましょう。

    水槽に水をいれましょう。
  3. 石や、流木を使ってレイアウトしましょう。メダカも何もない水槽よりも、おちつく場所が増えて喜びます。

    石や、流木を使ってレイアウトしましょう。
  4. フィルターやエアーポンプをセットして水道の水が澄んできたら、いよいよ、メダカをいれます。いれすぎには注意しましょう。

    いよいよ、メダカをいれます。いれすぎには注意しましょう。
  • エアーポンプの役割
    エアーポンプで酸素を送ると水中で生活するメダカの呼吸を助けます。また水が腐敗するのをふせぎ、砂利の表面などに住みついたろ過バクテリアが活性化します。
  • ライトの役割
    照明をつけて昼夜の区別をつけてあげたほうが、メダカも元気になります。また水草の育成にも照明は欠かせません。

完成!

  • フィルターの役割
    フィルターには、ろ過バクテリアが自然発生し、メダカのフンやエサの食べ残しなどの汚れを分解してキレイな水に戻します。
  • 水草はメダカも大好き
    水草はかくれ場所や寝床になったり、メダカがたまごを産みつけたりします。また光合成によって酸素を出したり、根から有機物を吸収し水の浄化を助けるので、できるだけ多めの水草を植えましょう。

2. 水槽の水換えについて

1週間に1回、水槽の1/3くらい水を換えます。交換する水は液体カルキ抜きビタミンカルキぬきでカルキ抜きした水を使いましょう。
飼育をはじめて1ヶ月たつまでは、水を浄化するろ過バクテリアが、まだいませんので、特に注意して水を換えましょう。

メダカ(めだか)の繁殖(ふやす)について

1. メダカを繁殖する方法

春から夏にかけてメダカが産卵します。 でも水槽内ではせっかく孵化した赤ちゃんメダカが、親に食べられてしまうことも多いので、生まれたメダカを殖やすためには複数の水槽を用意します。

たまごを生んだら

  1. 親メダカが、生まれてすぐの赤ちゃんを食べてしまう事もあるので、たまごを生みつけた水草ごとたまごを取り出し、別の容器にうつしましょう。

    たまごを生みつけた水草ごとたまごを取り出し、別の容器にうつしましょう。
  2. 10日目くらいで、メダカの子どもが生まれます。
    泳ぎ始めたら、ひかりパピィまたはちびっこメダカのエサを小さくすりつぶして、1日に2、3回少しだけあたえましょう。

    泳ぎ始めたら、エサをあたえましょう。
  3. 親の半分の大きさになったら、水槽にもどしてネ。

    親の半分の大きさになったら、水槽にもどしてネ。

2. エサの与えかた

1日に2~3回、数分で食べきれるくらいの量を与えます。
食べ残しは水を汚すので与えすぎには注意しましょう。
食べ終わるまで観察できればなおよいでしょう。

メダカ(めだか)の飼育用品を選ぼう

1. メダカ水槽のおすすめ水草

  • カボンバ

    カボンバ
    金魚草として有名。産卵床としても相性もよい。

  • アナカリス

    アナカリス
    カボンバとおなじく金魚草としてもポピュラー。

  • 南米ウィローモス

    南米ウィローモス
    流木や石に巻きつけて使用。自然な雰囲気をだせます。