トピックス

  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 水がピカピカにきれいになる!~ゼオコール虎の巻~

新商品ラインナップ

カタログダウンロード

商品一覧

商品一覧から探す

トピックス一覧

水がピカピカにきれいになる!~ゼオコール虎の巻~

水が白くにごる、水がくさい、魚が病気になる・・・・。
どうしても水がきれいにならない、とってもキレイ好きのAさんのお話。

Aさんの水槽は60cmで、上部フィルターにウールマットと活性炭をいれています。キレイ好きのAさんは、1週間に1度、 底に敷いた砂利をお米を研ぐように洗い、水を全部取り替え、魚のフンなどで汚れたウールマットを真っ白の新品にとりかえて、 ニオイをとる活性炭も新しくしています。それなのに、3日もすると水が白くにごってきてニオイもし始めます。また魚も病気がちで、日に日に数が減っていきます。 これはいったい何が悪いのでしょうか?


白にごりの正体

水が白くにごるのは、雑菌が魚のフンやエサの残りを栄養にして異常繁殖しているためです。その繁殖スピードは驚くべき速さで、各々が数分間に1回分裂しますので、1晩のうちに何億という数になってしまいます。雑菌は水を腐らせ、ニオイもし始めます。
活性炭の脱臭能力にも限界があり、何度新しく代えても増え続けるニオイは元を断たないと解消されません。雑菌の中には病原菌も含まれていて、魚は弱っているうえに追い討ちをかけられ、病気になりやすい環境といえます。
また、水が白く見えてしまう程発生した、たくさんの雑菌が一斉に呼吸するため、水中の酸素が不足しがちになり、魚が酸欠になって鼻上げ(水面で口をパクパクする)し始め、死んでしまうことがあります。

水槽セット時イメージ


水は透明でも汚れている?

水槽水が透明な状態でも、魚の調子が悪いことがあります。反対に自然の池では、水が透明ではなくても魚は元気に泳いでいます。これらには、見た目ではわからない魚を取り巻く環境の違いがあります。
魚は、アンモニアを水の中に排泄しています。アンモニアは毒性の強い物質で、溜まってくると魚の食欲が無くなる、呼吸が速くなるなどの症状があらわれ、ひどい場合にはそのまま死んでしまいます。
アンモニアは無色透明のため、溜まっていても目には見えません。また、たいへん小さい分子なので、ウールマットなども素通りしてしまい、濾し取ることはできません。ウールマットをいくら新品に取り換えても、環境は改善されないのです。

アンモニア分子は小さいためウールマットを素通りします。


アンモニアを食べるバクテリア

自然の川や池では、魚が排泄するアンモニアは溜まりつづけるのでしょうか。そんなことはありません。自然界のバランスはよく出来ているもので、アンモニアを食べるバクテリアが存在しているのです。川底の砂利や石の表面など、いろんなところにくっついて生活しています。特に、酸素が常にたくさん流れてくるような場所に多く住んでいます。
この有益なバクテリアは、水槽でも自然発生し、ろ過バクテリアなどと呼ばれます。水が流れ、酸素が供給される場所であるフィルター内をはじめ、砂利の表面やガラス面にも着生します。ところが繁殖力はたいへん弱く、4、5日に1回の割合でしか分裂しないといわれています。このため、水槽でアンモニアが分解され始めるまでには、最低でも2~3週間かかります。
また、ろ過バクテリアが水槽内に繁殖してくると、白にごりは無くなります。白にごりを起こす雑菌の栄養分をろ過バクテリアが食べてしまうことによって、雑菌の繁殖能力が落ち、その数が激減するからです。

水槽セット後イメージ


Aさんにアドバイス!

<その1>ろ過バクテリアに家を提供する
アンモニアを分解し、水をキレイにするろ過バクテリアを水槽内に発生させるため、まず、ろ過バクテリアの繁殖場所を用意する必要があります。
ここで、ろ過バクテリアの繁殖に最適なゼオコールの登場です。上部フィルターの濾過槽の一番下にゼオコールを敷き詰めてください。その上に活性炭、最後にウールマットをのせてください。ゼオコールは、活性炭と同様のはたらきもしますので、スペースに余裕がなければ、活性炭は入れなくてもOKです。
また、スペースが余っているようならできる限りたくさんのゼオコールを入れるのが理想です。ウールマットは、ゼオコールに大きなゴミが直接付かないようにするはたらきがあります。

設置の仕方

<その2>キレイにしすぎない
水替えは必要不可欠です。自然界のようにすべてのバランスがとれていればよいのですが、水槽という限りある空間では毎日与えるエサによってそのバランスが崩れてくるからです。
しかし、水を替えるときにすべてをキレイに洗ってしまってはいけません。ゼオコールにはろ過バクテリアが繁殖しますので、水道水できれいに洗ってしまうと塩素でろ過バクテリアが死んでしまいます。水槽の水をバケツなどにとって、その中で洗うようにするとよいでしょう。
ウールマットは、汚れてきたら新品に取り換えるか、洗浄することになりますが、ウールマットにもろ過バクテリアが発生しますので水道水でゴシゴシと洗うのではなく、ゼオコールと同じ方法で洗うほうがよりよいでしょう。
キレイ好きなのはわかりますが、多少汚れていてもどうか気にしないでください。目に見えないろ過バクテリアたちが水をキレイにするためにはたらいているのですから。

水替え時イメージ


Column|ろ過バクテリアのお話

3種類のろ過バクテリア

ろ過バクテリアは、その役割から図のように3種類に大別されます。これらが絶妙なバランスではたらくようになったとき、自然界同様のサイクルが完成して有害なアンモニアや亜硝酸は常にゼロに近くなり、水槽内が魚にとって快適な環境になります。
ただし、ろ過がキッチリ行なわれていても、最終的に硝酸という物質が蓄積し続けます。硝酸は毒性が弱いのですが、高濃度では有害で、水槽の水を酸性にしてしまい、魚の目が白濁するなどの症状があらわれ、死ぬことさえあります。
これを防ぐためには、水槽の水が酸性になる前に定期的な水替えをする必要があります。市販のpH測定用品を使うと簡単に水質が酸性かアルカリ性かを調べることができます。
  1. 魚のフンや餌の食べ残しなどの有機物を分解する従属栄養細菌
  2. アンモニアを亜硝酸に分解するニトロソモナス
  3. 亜硝酸を硝酸に分解するニトロバクター
ニトロソモナス、ニトロバクターは、植物と同様に無機物(水、酸素、二酸化炭素、アンモニアなど)だけで生きているため独立栄養細菌とよばれます。 植物とは違って光のエネルギーを利用しないために繁殖速度がきわめて遅く、観賞魚水槽にとって大切な存在といえます。

ゼオコールがろ過バクテリアの繁殖に最適なワケ

ゼオコールは、外側が多孔質セラミックス、内側は活性炭・ゼオライトの混合物で出来ています。ゼオコールを濾過槽にセット後、内側のゼオライト部分がアンモニアを吸着し始め、2~3週間すると酸素が豊富に供給される外側の多孔質セラミックス部分を中心に、吸着したアンモニアなどを食べるろ過バクテリアが自然発生し始めます。
さらに、ろ過バクテリアさえも分解できない水の黄ばみやニオイの元になる有機物(フェノールなど)を、内側の活性炭部分が吸着して透明な飼育水を維持します。

ゼオコール

ゼオコールの取り替え
約2ヶ月おきに、半分ずつの交換が理想的です。
活性炭部分の効果が約2ヶ月でなくなってしまうことから、新しいゼオコールとの交換をおすすめしますが、せっかく繁殖したろ過バクテリアがいなくなることを避けるために、交換は半分だけにしてください。交換した後、古いゼオコールから新しいゼオコールにろ過バクテリアが移り、スムーズに繁殖します。