トピックス

  1. トップページ
  2. トピックス
  3. ご存知ですか?水槽の水が酸性になるワケ

新商品ラインナップ

カタログダウンロード

商品一覧

商品一覧から探す

トピックス一覧

ご存知ですか?水槽の水が酸性になるワケ

みなさんは、畑に石灰をまく光景を見たことがありますか?
これは、酸性になってしまった古い土にアルカリ性の石灰をまぜて中和しているのです。土が酸性になるのは、有機肥料が土壌バクテリアによって分解された結果、 酸性物質の硝酸ができるためです。

魚を飼育している水槽の中でも、これと同じ事が起こります。魚の排泄物である有害なアンモニアは、ろ材に繁殖したろ過バクテリアによって、 亜硝酸を経て比較的無害な硝酸にまで分解されます。しかし、水替えを怠ると、硝酸が蓄積して水の酸性化が進み、魚が人に脅えやすくなる、目が白濁する、 などの症状があらわれ、ひどい場合には死んでしまいます。

注意する必要があるのは、水槽の水が酸性化しても、一見透明できれいな水に見えるために魚にとって悪い環境になっていることに気がつかない点です。 これを防ぐためには、定期的に水槽のpHを測定し、酸性になる前に水替えをすることが肝要です。

pHとは?

ろ過バクテリアの活性率グラフ

酸性かアルカリ性かを数値であらわしたものです。pH7が中性で、7より数値が小さければ酸性、大きければアルカリ性を示します。日本の水道水は地域によって多少違うものの、だいたい中性に近い値ですが、水槽水は時間の経過とともに酸性化してしまいがちです。
酸性の水は魚にダメージを与え、ろ過バクテリアの働きを低下させます。